やさいのカードプロジェクト

やさいのカード ONLINE SHOP

プロジェクト応援団

高野要一郎さん

高野 要一郎 Yoichiro Takano トータルライフアドバイザー

< プロフィール >

1977年生まれ。建設会社の経営を経て、東京の島、新島でカフェ+宿「SARO」を東京R不動産と共に運営。 茨城県水戸市の「CAFE DINER ROOM」オーナー。アート、書籍、食を通じて様々なライフスタイルを提案している。 新島の畑で、野菜も作る。地域再生を独自の視点で手がける。
ブログ:http://ameblo.jp/tky1168-520118/
SARO:http://saro-niijima.jp/
CAFE DINER ROOM:http://www.cd-room.net/

< 応援メッセージ >

日本人が大事にして来たものの一つに「季節感」があると思います。
色々と便利になった現代では、食料品を扱う店には、四季を問わず同じ野菜が並んでいます。
一方で、夏野菜には夏の身体に必要なものが、冬野菜には冬の身体に必要なものが含まれていたりするのです。
旬なものを食べる事は、季節感を楽しむだけではなく、身体にも美味しいということ。
現代人が忘れかけた季節感、親子で野菜について学ぶ、食を通したコミュニケーションが出来るのがこの「やさいのカード」の魅力じゃないでしょうか。きっといつもより野菜が美味しくなるはず。

Canacoさん

Canaco 野菜ソムリエ

< プロフィール >

1982年生まれ。大学在学中にベジタブル&フルーツマイスターの資格を取得。
卒業後は外食産業に就職し大勢のお客様と接する中、「野菜の魅力をより多くの人に伝えたい」と野菜ソムリエの活動を本格化。
レストランのメニューやコンビニ商品の開発に関わる。
著書に「野菜の魔法」(ゴマブックス)、「お野菜が好き」(グラフ社)などがある。
オフィシャルブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/canacocoa3

< 応援メッセージ >

「食べることの大切さ」
「自然から生まれる野菜の素晴らしさ」
「食材へありがとうの気持ち」
この3つをたくさんのお子様に伝えたいと思います。
やさいのカードを使いながらご家庭でも、お子様と食卓コミュニケーションしてみて下さい。

KAORUさん

KAORU (小林かおる) 野菜ソムリエ

< プロフィール >

FMラジオ局で報道キャスターを勤める傍ら、野菜ソムリエの資格を取得。
全国で第一号のベジタブル&フルーツマイスターとなる。現在は、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会の講師として野菜ソムリエの育成に力を注ぐほか、TV・ラジオ・雑誌などで活躍。レシピ開発や講演なども行っている。
野菜ソムリエKAORU~オフィシャルブログ~:http://ameblo.jp/yasaisomurie-kaoru/

< 応援メッセージ >

やさいは私たちの元気を支えてくれるパワーの源♪
特に旬のものにはその時期に身体が必要とする栄養素がいっぱい詰まっていて、何よりもとっても美味しいんです!
やさいはそれぞれ個性があり、味、食感、形、色も様々…。
毎日の食卓に発見や感動をもたらしてくれる素敵な存在です。
そんな魅力いっぱいのやさいを知ることで、食べることがもっと楽しくなり、食材への感謝の気持ちを育てるきっかけにもなります。
こどももおとなも一緒に「食」について楽しく学んでほしいですね。

フタバフルーツさん

成瀬 大輔 Daisuke Naruse フタバフルーツ

< プロフィール >

中野 都立家政で三代70年続くフルーツショップ。地元に根ざしたフルーツショップでありながら、現在、サーフィンやスノーボードをライフワークに、自然を愛し、人とのつながりを大切にする三代目成瀬大輔の元、積極的にフルーツの美味しさや美しさを伝えている。
2008年より、フルーツを中心にカルチャーをつむぐイベント「Viva La Fruits」をスタート。音楽、アート、花、野菜など様々な表現者とのコラボレーションを行ってきた。同年、Farmer's Market @ GYREへの出店を皮切りに、都内のマーケットへの出店も続ける。ブログやフリーペーパーでの情報発信にも定評があり、万人がフルーツに親しんでもらう活動を続けている。
http://www.futaba-fruits.jp/

< 応援メッセージ >

「学ぶ事」は楽しみ興味を持つ事からはじまって、自分で調べる事で広がり、人に伝える事で身についていきます。この「やさいのカード」のルールはいたって簡単、老若男女問わずシンプルに楽しめるカードゲームです。そして気がついたら、いつの間にか野菜の魅力にはまってしまう「学び」のきっかけに他なりません。僕たちとしては、いずれ「くだもののカード」ができるのも期待しています(笑)

伊藤忍さん

伊藤 忍 Shinobu Ito ベトナム料理研究家

< プロフィール >

フードコーディネイターを経て、ベトナムに渡る。4年弱在住し、現地の料理を研究。在住中には現地のカフェ、料理教室の立ち上げに参加。
現在神奈川県横浜市でベトナム料理教室An Com(アン・コム)を主宰。ベトナム料理を広めるために、料理教室の他、テレビ、ラジオ、雑誌、書籍などで幅広く活躍中。著書に「ベトナムめしの旅」、「ベトナムめし楽食大図鑑」、「チェーカフェのベトナムやつ」(共著・情報センター出版局)がある。
伊藤忍 公式Webサイト:http://vietnamfoodnet.com/

< 応援メッセージ >

このカードで初めて遊んでみたところ、すっかりハマッてしまいました。皆でやさいの旬や感触、色などのイメージを共有しつつ、いつのまにか食の話しで盛り上がります。デザイナーの酒井さんが、自分の息子さんの食育をと父の愛情をぎっしり詰め込んで作り出したこのカード、食育をしながら、家族のコミュニケーションツールにもなります。

eat photoさん

eat photo おいしい写真撮ります。

< プロフィール >

2007年結成。5名のフォトグラファーからなる「食」写真ユニット。
都心のフードトレンドの紹介や、飲食店のセールスプロモーションに携わる一方、日本全国の地場産品や生産者を数多く撮影。食が生まれる現場へ積極的にアプローチする。
2008年夏より、埼玉県越谷市にてeat photo農園を始動。自ら畑を耕すフードフォトグラファーとして、「お皿の上から、その向こう側まで」を描きだす取り組みを続けている。http://www.eatphoto.jp/

< 応援メッセージ >

野菜のトレーサビリティーや認証基準は大事なこと。大事だけど、ちょっと難しい。難しいと遠ざかる…。やさいのカードはやさしいのだ。「やさしいやさい」だ。無理なく楽しめるのがいい。野菜が身近になるから、野菜がおいしくなる。「おいしいはたのしい」が私たちeat photoのモットー。そんな想いでやさいのカードの撮影を担当させていただきました(撮影/関尚道)。子どもから、おじいちゃん、おばあちゃんまで、みんながこのカードで遊んでくれると嬉しいです。

ハラシママサミさん

ハラシマ マサミ Masami Harashima

< プロフィール >

1975年生まれ。高校卒業後、(株)銀座東武ホテル調理部入社。調理の仕事に従事した後、2005年調理専門学校にて講師として勤務のかたわら、フードコーディネーターとして料理雑誌のスタイリングやメニュープランニングなどを行う。2007年、飲食店舗のトータルプロデュース会社に勤務。様々な店舗のプロデュースを経験し現在は、フリーランスとなり「tokyo delicious」に所属。

< 応援メッセージ >

遊ぶことと食べること―。「遊ぶ楽しさ」は笑顔が人との繋がりを生み「食べる楽しさ」は食卓で笑顔と会話を生む。カードで遊んでみんなでご飯を食べれば、「ねぇ、この野菜の旬。知ってる?」と食卓で会話が生まれる。「遊ぶことと食べること」をポジティブでやさしくやさいのカードは教えてくれる。

杉山彩香さん

杉山 彩香 vivi

< プロフィール >

業務用だったプチプチ(R)を一般のお客様向けに売るネットショップを開店。プチプチ(R)の魅力をもっとたくさんの方に知ってほしいという想いで、「プチプチ文化研究所」を設立し、「プチプチ(R)」を脇役から主役に変えた女性。広報活動の一貫で、「プチプチ(R)OFFICIAL BOOK」を執筆し、プチプチの歌を歌うバンド「プチメタル」のボーカルも務める。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008を受賞。
川上産業株式会社:http://www.putiputi.co.jp
プチメタル:http://www.myspace.com/putimetaljp

< 応援メッセージ >

私の実家は農家なので、いろんな野菜の種(たね)や苗木の状態から、成長して収穫して、おいしくいただくまでの過程を見ながら育ちました。街中だとなかなかそうもいかないですよね。でも野菜のことを知ると、食べることがもっと楽しくなって、楽しく野菜を食べると元気になります!「やさいカード」で楽しみながら、やさいのこと知りましょう!

笠原直子さん

笠原 直子 Naoko Kasahara ヒルサイドパントリー代官山店長

< プロフィール >

1997年の当店のオープニングスタッフであり、その後、他社のカフェ、レストランの店長および立上げなどを主に行う。自称食べる空間と食べ物が大好き人間。
http://www.hillsideterrace.com/shop/shop_g_pantry.html

< 応援メッセージ >

野菜の味、色、香りは、本当に素敵です。そんな野菜たちをカードにして遊べるアイデアはさらに素敵です。大人だって楽しめるのですから、お子様ともこのカードがあれば楽しく、美味しく興味を持って野菜に触れられること間違いなし!!やさいのカードで日本の食卓が変わるかも・・・・です。(食材店で働く人より)